2012年03月20日

赤睦料理

赤睦読み あかむつ
正式にはスズキ目スズキ亜目ホタルジャコ科アカムツ属

赤睦の由来
赤い色をしたムツの意味。「むつ」とは「脂っこい」ことを「むつっこい」、「むつこい」、「むっちり」、「むつごい」というから来ている。すなわち脂っこい魚という意味合い。

赤睦の旬
秋から冬

赤睦の栄養
タイやヒラメをも凌ぐ高級魚のアカムツは、栄養面でも優れています。ビタミンA、D、Eをはじめ、善玉コレステロールを増やすDHA、血液をサラサラにし、抗腫瘍作用があるEPA、高血圧、ストレスの改善にも効果があるカリウムも含まれ、生活習慣病予防に最適の魚と言われています。

赤睦料理
刺身、あぶり、たたき、昆布締め、酢じめ、塩焼き、煮つけ

【関連する記事】
posted by 魚料理 at 00:00| Comment(0) | 白身魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。